箏・二十五絃箏演奏家 内藤美和 プロフィール

埼玉県草加市出身。5才よりピアノを始め、6才より箏の手ほどきを母より受ける。

桐朋学園芸術短期大学芸術科日本音楽専修卒業。同短期大学専攻科、研究生、特別研究生修了。第二実技にてピアノを専攻。箏、十七絃、二十五絃箏を二代 野坂操壽氏、滝田美智子氏に師事。ピアノを上野久子氏に師事。

2009年/第六回東京邦楽コンクール第二位(洗足学園賞)受賞。

2011年/二十五絃箏ユニット「虹“KOU”」結成、以来毎年演奏会を開催。メンバーの故郷を巡り、これまでに東京、新潟、広島にて6回開催。

2012年/第七回ルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門第一位・日本ルーマニア音楽協会理事会賞受賞。

・和洋アンサンブル「月詠-TSUKUYOMI-」メンバーに加入、これまでに2枚のオリジナルCD発売、旭川公演、日本マレーシア経済協議会にて歓迎演奏。

2014年/エムキチビート音劇「朱と煤aka to kuro」二十五絃箏パート担当。

2015年/「内藤美和×マクイーン時田深山デュオ箏リサイタル」開催。これを機に本格的に2人での活動を始め、IPU世界若手議員会議東京会合、第2回日中韓農林水産大臣会合にて演奏。

・キンカンCM「殿様」編(グッチ祐三、平愛梨)録音参加。

・「戦国真田・日本一の兵」岩櫃城イメージサウンドCD「岩櫃乱舞」(作曲、編曲 岩崎廉/演奏 月詠-TSUKUYOMI-)発売。

・Crossroads Vol.1「作曲家高橋久美子×箏曲家野坂操壽ー箏曲を繋ぐー」(平成27年度文化芸術祭参加)発売。

2016年/利根英法記念邦楽コンクール〜第二回アンサンブル〜にて、第2位受賞。

・Orchestra de “R” 結成。座長としてお披露目コンサート出演。
生田流箏曲松の実會師範。

(公社)日本三曲協会、生田流協会、桐の響、草加市演奏家協会、東京国際音楽協会、各会員。

ヤマノミュージックサロン銀座店講師。

演奏依頼承ります

ソロ、合奏、伴奏なんでも。共演も和楽器、洋楽器、歌なんでもあり。

まずはメールフォームよりご相談下さい。

〈演奏可能楽器〉13絃、17絃、二十五絃箏 、低音二十五絃箏、

〈曲〉古典、ポップス、現代曲等レパートリー多数
※五線譜、コード譜での演奏可能
お問い合わせ